カードの受取と契約の流れ

70326537
カードローンの借入の申し込みをして審査が通るとカードを受け取り契約します。
カードの受け取り方には「店頭で受け取る」方法と「郵送」で受け取る2つの方法があります。
店頭で受け取る場合は本人と証明できる免許証などを用意していき、契約書を作成してカードを受け取ります。
近年は申し込みから契約までWEBで全てが完了する「WEB完結」のカードローンも多くなっています。
このネットで全てが完結するカードローンのシステムは、本人と確認できる書類の画像ファイルを、メールに添付したりアップロードして送信して、郵送でカードが送られてきます。
WEBで契約まで完結しますから、金融機関へ書類を郵送する必要がないため、手続きに手間がかからずスピーディーなのが特徴です。
また、家族に内緒にしておきたい人は自宅にカードが郵送されると困ることもあります。そんな時は郵便局留めで送って、仕事の帰りなどに取りに行くことをおススメします。
郵便局留めの郵便物は、地域の本局なら24時間受け取りに行くこともできますから、仕事で帰りが遅い方も困りません。郵便局留めで受け取るのは、昼間家に誰もいないお宅にも便利です。
便利で、簡単、早いWEB完結のカードローンの申し込みですが、手書きと違って記入ミスが起きやすいのが難点です。
記入ミスで審査が通らないと困るので、十分な注意が必要です。また、記入ミスを防ぐため、時間がかかっても、あえて手書きでの申し込みをしている人もいます。
記入ミスで審査落ちしては困りますので、時間に余裕があるようなら、手書きでの申し込みもおススメです。

審査結果の連絡について

63436490

カードローンに申し込むと審査が行われて、診査が済むとカード会社から審査の結果の連絡が来ます。
審査結果はネットや電話で申し込んだ場合は、メールや電話などできますが、早い所では30分ほどの時間で連絡が来ます。
電話での連絡の時、多くのカード会社では企業名でなく個人名で連絡をしてきますが、家族に知られたくないなどの他、希望があれば可能な限り希望に添って対応しています。店頭や自動契約機での申し込みは、その場で審査結果がわかります。
また、審査に通った連絡なら良いのですが、審査落ちの連絡が入ることもあります。カードローンに落ちた時の対応としては、もし、銀行のカードローンの審査に落ちたのなら、消費者金融のカードローンに申し込んでみてください。銀行のカードローンは金利が低いのが魅力ですが、その反面審査が厳しい傾向がありますから、消費者金融のカードローンを申し込んだら審査が通ったということはよくあります。
そして、消費者金融に申し込んで審査落ちになってしまったときですが、各金融機関によって審査の基準も違いますから、諦めずに他の消費者金融に申し込んでみてください。その際には必ずお試し診断を受けて、通かどうか確かめてから申し込むことをおススメします。
お試し診断を受けてダメだった場合は諦める方が賢明です。審査落ちを繰り返すと、申し込みブラックとなって、増々審査が通りにくくなります。
一度審査に落ちた後は、理想は6ヶ月、少なくても3~4ヶ月は申し込みをしないことをおススメします。

複数ある申し込み方法

63436280

増々進化して簡単で便利に利用しやすくなっているのが今のカードローンです。申し込み方法も幾種類もありますから、自分の都合の良い方法を選んで申し込むことができます。
申し込み方法には、「インターネットでの申し込み」に、「店舗へ出向いて申し込む方法」や、利用したいカード会社に無人契約機があれば「無人契約で申し込む」とか、ネットが使えないとか苦手な人は「電話で申し込む」などの方法があります。
特にネットでの申し込みは便利で、パソコンやスマートフォンから場所も時間も関係なく自分の都合の良いときに申し込めるほか、審査もネット上ですみ、全てがネットで完了できるようになっています。
店舗での申し込みも、無人契約機での申し込みも、その場で身分証明書が必要になりますから、再来店しなくてもいいように用意をしていってください。
電話での申し込みには、身分証明書を送るときに源泉徴収票も一緒に送ると在籍確認になりますから、勤務先への電話確認もありません。
申し込みが完了するとカード会社から電話やメールなどで審査結果の報告が来ますから正式な契約の手続きをします。
こんなにも便利になっているカードローンの申し込みですが、申し込む前に大事なことは、利用するカードローン選びです。
選び方としては、「安全な会社であること」や「金利や手数料が安いこと」、「希望の金額が借りられること」そして「返済の方法や返済期間が自分の返済計画にあっているか」などを念頭に選ぶことをおススメします。