学生でも20歳以上でアルバイトならカードローン可能

90149011
学生はカードローン契約できないというイメージがありますが、20歳以上で安定した収入があれば契約は可能です。
例えば、アルバイトなどをしていれば、社会人と同じように申し込みできます。
カードローンは個人契約なので、20歳以上でアルバイトをしているという条件なら、親の同意や保証人は求められません。
中小規模の業者だと、対象年齢を18歳まで引き下げていることもありますが、収入があることが条件になるので、学生でもアルバイトなどで働いている必要が出てきます。
未成年の場合は保護者の同意が求められるので、未成年者が親に内緒でこっそりカードローン契約を結ぶというのはできません。
未成年者が契約しづらくなっているのは、理由があります。
民法第5条の「未成年の法律行為」で「未成年者が契約する場合は、法定代理人の同意を得なければならない」ことに決まっています。同意なしで契約した場合は、一方的に取り消し可能になっています。
もし保護者の同意がない状態でカードローン契約しても、あとで契約が無効になってしまい、貸したお金が返ってこなくなってしまう可能性があります。
金融機関にとってこれはリスクが高いので、保護者の同意か同意書を要求しています。
未成年者が保護者の同意を得たと偽ったり、同意書を偽造した場合は、契約の取り消しはできません。つまりトラブルの元になる可能性が高いということです。
嘘や偽造がなくて、正規手続きを踏んだ場合でも、取り消し主張を受け入れない業者もいます。子供が親に内緒でお金を借りて、あとで契約を取り消したいと願い出ても受け入れてくれず、裁判にまで発展したケースもあります。
大手だと滞納に関して事務的な対応が多くて取り立てはあまり厳しくありませんが、中小規模の業者は大手より強引な手段で執拗に返済を迫ってくる可能性があります。
賃金業法で強引な取り立ては禁じられているものの、法律のギリギリのラインで迫ってくる場合もあります。
保護者の同意は連帯保証人のそれとは別ですが、本人の返済が遅れると保護者に催促がくるのが一般的です。
親に内緒で借りることができても、万一滞納してしまえば周りの人に大きな迷惑がかかってしまいます。
お金を借りる場合は、20歳以上で個人契約ができるようになり、さらにアルバイトなどで収入が入るようになってからするようにしましょう。
未成年の場合は初めから親に相談して、お金を借りた法がいい可能性が高いです。